JR大宮駅から徒歩3分のハレこころのクリニック大宮 | さいたま市大宮区の心療内科・精神科・思春期精神科 うつ病 不眠症 ADHD(注意欠如・多動性障害)

JR大宮駅から徒歩3分のハレこころのクリニック大宮 | さいたま市大宮区の心療内科・精神科・思春期精神科 うつ病 不眠症 ADHD(注意欠如・多動性障害)

社交不安障害(社会不安障害:SAD)

社交不安障害(社会不安障害:SAD)とは

社交不安障害(社会不安障害)Social Anxiety Disorder(SAD)は、他の人から注目を浴びる可能性のある社会的場面(社交場面)において恥ずかしい思いをするのではないかと過度に不安になる病気です。不安は、赤面、声や手の震え、発汗などの身体症状を伴います。

不安が惹起される社交的状況は人によって様々で、人前での発言や発表、面識のない人や権威がある人との会話、人に見られる状況で飲食をするなどがあります。そして、患者さんは不安や苦痛を伴う社交的状況を避けるようになり、学校生活や仕事場面をはじめとする社会生活に支障をきたすようになります。

SADの原因と治療

他の疾患と同様にSADの原因もはっきりしませんが、脳内のセロトニンやドパミン神経系の関与が考えられています。治療には薬物療法や心理療法があります。

薬物療法には選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やベンゾジアゼピン系抗不安薬などが使用されますが、SSRIが第一選択薬とされることが多くなってきています。薬物療法同様に認知行動療法(CBT)もSAD治療に効果があることが分かっています。

このページの先頭へ戻る